投稿

2月, 2013の投稿を表示しています

マジックレッスン7日目

イメージ
マジックレッスン7日目を開始します。 今日は何のマジックかと言うと仕事です。 だれでもこのたった一つの習慣を身につけることで 誰でもどなたでもどんな境遇でも仕事にこまらなくなる実習です。 私が数千万円を投資してきたノウハウをお届けします。 レッスン7 次の分野についてあなたのゴールについて書き出して見て下さい。 ・仕事 「あなたは「仕事」がうまくいっていますか? もしあなたが何かを始めるならば、それが芸術であれ 訓練や技能研修であれ、可能な限り全力をつくしてみる。 今までの限界を超えてこれ以上できないほどギリギリまで 全力投球してみる。 するとあなたは魔法の世界に到達するでしょう。」作家 トムロビンス 同じ職業の二人が、 一人は成功から更なる成功へと向かい 一方もう一人はどんなに努力しても成功できずに どん底に落ちるのはなぜでしょうか? 実はそれを分けているものはここでも「感謝」なのです。 感謝なくして、永続きする成功はありません。 仕事や職場での成功 絶好の機会 昇進 お金や素晴らしいアイデア 閃きや高い評価など 良きものをたくさん得るには 仕事や職場に感謝することが重要です。 「仕事に感謝する人は更に与えられ 豊かさを手に入れます。 仕事に感謝しない人はすでにあるものを奪われます。」 仕事があることを有り難いと感じると 自ずと仕事に力を入れるようになります、 ビジネスの価値はあなたが感謝した量に応じて 変化する。 自分のビジネスや顧客やスタッフや取引先などに対して 感謝すればするほどビジネスは成長する。 子育てや家事が仕事であれば、この時期に感謝できるものを 探しましょう、 子育ての時期は人生でたった一度のチャンスです。 この時期を本当に感謝すれば 多くの支援や援助 たくさんの豊かで美しい時間と 実り多き幸せを引き寄せることができる。 自分の職場で感謝できることを全部探してリストアップしてみてください。 人だけではなく、モノについても電話・ファックス・パソコン 文房具ひとつとっても 自分をサポートしてくれていることについて かんがえてみましょう。 ホワイトボード、プリンター デスク・照明 他の働いているスタッフについてはどうでしょう? 受付係・管理人や郵便配達の人 他の部署の人総務・経理・営業・製造・企画・広報 「魔法のような仕事」とはどんな仕事でしょうか? あ

マジックレッスン6日目

イメージ
マジックレッスン6日目を開始します。 今日は何のマジックかと言うと人間関係です。 だれでもこのたった一つの習慣を身につけることで 誰でもどなたでもどんな境遇でも人間関係にこまらなくなる実習です。 私が数千万円を投資してきたノウハウをお届けします。 レッスン6 次の分野についてあなたのゴールについて書き出して見て下さい。 ・人間関係とコミュニケーション あなたは「人間関係」がうまくいていますか? つまり誰でも一人では生きていけませんよね。 生きていく上で人間関係を良くしていくことは人生を うまく生きていくことに繋がります。 どんな成功もたった一人でお金持ちになり、 たった一人で地球を独占できたとしても楽しいと思いますか? あなたにとっての人間関係の目標を書いてみてください? まだの人は1分くらいで書いてみて下さい。 親、恋人、兄弟、友人、知人、師弟関係どんな関係でも 良好にコミュニケーションがスムーズにいけば ほとんど問題がなくなる。 ではコミュニケーションと人間関係とはどのように身につければいいでしょうか? この疑問を答えていただくだけでもいいと思います。 魔法のような人間関係とはどういうものか想像してみてください。 たとえば地球上の存在しているのはあなただけだとしたら あなたは何かをする望みはありますか? 見てくれる人もいないのに絵を描きますか? 聴いてくれる人もいないのに作曲をして演奏しますか? 歌いますか、踊りますか? それを使う人がいないのに何かを発明しますか? 旅行に行ったり、引っ越ししても誰もいないとしたら あなたの人生に喜びや楽しみが何もなくなってしまいます。 他の人と関わり、一緒に経験するからこそ 人生の意味や喜びや目的があるのです。 では夢の人生を生きるために 今あなたの人間関係が自分の人生に どのような影響を与えているかを理解することから 始めてみましょう。 秘訣はここでも「感謝」のマジックです。 ある調査結果で一番驚くことは、 他人への不満は口に出そうと思っただけであろうと 一回に対して10回は感謝をしないとその人間関係は 良くならないということです。 男女関係では離婚までに発展してしまいます。 http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/9120.html(参考データ) 具体的には言葉と気持ちです。 1)人々のありのままに感

マジックレッスン5日目

イメージ
マジックレッスン5日目を開始します。 今日は何のマジックかと言うと否定的な状況からの脱出法です。 だれでもこのたった一つの習慣を身につけることで 誰でもどなたでもどんな境遇でも否定的な状況から脱出にこまらなくなる実習です。 もちろん初の試みなので無料で提供します。 私が数千万円を投資してきたノウハウをお届けします。 レッスン5 次の分野についてあなたのゴールについて書き出して見て下さい。 「否定的な状況」からの脱出方法ですが あなたの「否定的な状況」から「どんな状況になっていたらいいか」 つまり脱出先の目標を書いていただきましたか? まだの人は1分くらいで書いてみて下さい。 人間関係の混乱、金銭上の重圧、不健康、仕事上の問題などなど 何であれどんな状況であれ人生の物事に感謝しないときは、 無意識にそれらを当然の得る権利だと思い込んでいるもの。 「当たり前のこと」だと思うこと自体が悪いことが起こる原因である。 なぜならば、物事を当然の権利だと思うとそのお返しに感謝を与えていない ことになり普遍の原理から作用する流れを止めてしまっている。 物事を当然だとエゴで受け止めていると不平不満や否定的な 思考や言葉が出てきます。そうすると引き寄せの法則が働き より多くの不平を言いたくなることを自分の人生に引きよせてしまう。 また、天候、交通渋滞、上司、配偶者、家族、友達、見知らぬ人、 何かの順番待ち、請求書、経済、何かの経費、もろもろのサービス などについて不満を口にする時、あながは感謝の気持ちを抱いていないことを 意味しています。 これは夢の生活から自分で自分の不平・不満を言うたびに遠ざけている。 「人は感謝している時にネガティブになることはありません。 感謝している時に避難や批判はできません。 感謝している時に悲しい気持ちや落ち込んだ気持ちになることはできません。」 つまり、一番素晴らしいことは、現在何か悪い状況があっても 感謝すると状況を好転させるのに時間がかからないということ。 悪い状況は煙のように消えていく。 今日から3日間もしくはたった一日間でにいいので 不平不満を言わずに感謝の気持ちで全て起こる状況を過ごしてみたらどうでしょう。 たとえクレームを言われたとしても自分は感謝の気持ちで対応したらどうでしょうか?感謝できることを探して下さい。最初は無理矢理でも探す。 でき

マジックレッスン4日目

イメージ
マジックレッスン4日目を開始します。 昨日アップがされていませんでした。お許し下さい。 さて 今日は何のマジックかと言うとお金です。 だれでもこのたった一つの習慣を身につけることで 誰でもどなたでもどんな境遇でもお金にこまらなくなる実習です。 もちろん初の試みなので無料で提供します。 私が数千万円を投資してきたノウハウをお届けします。 レッスン4 次の分野についてあなたのゴールについて書き出して見て下さい。 1)豊かさとお金 あなたの「お金」つまり経済的な目標を書いていただきましたか? まだの人は1分くらいで書いてみて下さい。 豊かさとお金はどうな関係でしょうか? この疑問を答えていただくだけでもいいと思います。 お金持ちと貧乏人の唯一の違いは お金持ちは自分の考えの価値に気づく習慣を身につけている。 ということだ。 あなたの周りには2種類の人が存在するということだ。 それは「リッチな考え方をする人」と 「プアな考え方をする人」がいるということ。 「リッチな考え方をする人」は 現在の銀行預金残高の多寡に関わらずリッチであり、 絶えず可能性を探し求め想いのままに生きている。 一方、 「プアな考え方をする人」、大邸宅に住み、高級な服を着ていても 頭の中には将来への不安と周りの人への不信が溢れている。 たとえ、お金が一時的に全部なくなったとしても大丈夫なのが分かっていないので、 絶えず自分が持っているものを守ったり、他人からさらに横取りしたり せざるを得ない。 「リッチな考え方をする人」はそれが教育や才能に関係なく ただのスキルにすぎないことを知っている。 つまり、あなたの豊かさはどこか遠くにあるのではなく、あなたの 心の中、今あなたが座っているまさにその場所にあって あなたの耳と耳の間から見つけ出されるのを待っているのだ。 その発見の仕方の秘訣はここまで伝えてきた魔法マジックだ 現状がどうであれ、お金が充分でないという思考そのものが、 既にもっているお金に対して感謝が足りないということを示している。 現在の金銭状況をいったん忘れ、 今持っているお金に対して感謝すると、 お金は魔法のように増えてゆく。 「お金に対して感謝できる人はより多くを与えられ、 豊かさを得るでしょう。お金に対して感謝がない人は 既にあるものも奪われるでしょう。」 ステップ1子供の頃を振り返ってみまし